スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーん、と思う。

うーん、と思うような事柄があったりする。

え、それ

なぜなに?

 

「腑に落ちない」というような

微妙な感情。

絶妙な悔しさ。

ああ思うようにならないこの世界なんだ

あああの人たちはほんとうに悔しくかなしいだろうなあ

 

というようなことを、傍からでも思うというのは。

 

そのエネルギー集めて元気玉にならないか、と思案するも打撲して折れるわたしの今日。

スポンサーサイト

ゼロからはじめる前の確認。

きょうはY氏と会合した。

@新宿。

気づくと話は「未来」系。

 

これからの音楽シーン、もとい千葉のローカルの<場>のことなんだけど、

それがどうなってきていて、いまどうで、これからどうなっていくのか

というところの自分の感想と見通しを話した


Y氏はうなづいていたようなので、

今後ヌマケン内にとどまらず、新しい動きでもってみんなのよかれにつなげたい。

 

そういう所存を確認。

 

とりあえず、

「演る側」と「観る側」が、これまでになくもっと近く、

いろんなことを一緒になって考えていけるようになれたらいいなと思ったりします。


なかなか具体的にどうだ、というものもまだないけれど、

ときたま感じる「違和感」や「物足りなさ」

ぎゃくに「よろこび」や「うれしさ」

感じたことをいい方向に向けて行きたい。

 

こういう文章も、

なにかしらの効力がもてるほど、

力をもちたいとは思うけれども、

現状、なんにもないので、

「そうしたい方向」がみえたら、

「そうなる」ように進むことをがんばっていくしかない。

 

さて、正月。

ちかごろめっきり忙しくなったので、

もろもろの時間がとれなくなっていたのだが、

ひさしぶりにゆっくりできた。

曲もつくれたし。

 

いままで自分がひとりで考えていて感じていたことを、

Y氏のように、語って聞いてくれる相手が出来たのはうれしい。

人に話すと、考えは、一歩現実に向かっていくね。


こういう文章だって、理想をいえば、

読んでくれる人がいて、その人たちとの応答を含んで書かれたほうがいい。

そうじゃないと、何を書いても意味がないかのように思えてしまうのだ

これから、願わくば、そうじゃない方向にいきたい。

いろーんなことに、かまけないで、しっかりとやっていきたい。

「多忙は怠惰の隠れ蓑」っていうのは、きついようで的確な自戒なのだ。

 

2014年。

ありふれたがんばりかたを、したい。

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。