スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/04/30 その2

28日のこと。
Twitterでつぶやいたけれど、
こういうブログの場では、
もすこし遅い速度で出てきた感想とか、
そこらへんひろえるわけだ。
Twitterって、つねに「その場で思ったこと」でやらないとだから、
どうしても言葉の速度が均一に早くなる。
そうすると、どうしても浅さになってしまうという。

「あの後こう思いました」
が多いので、ぼくは
ライブやって、次の日とか
「そういえばこう思いました」
とか、メールで呼んでくれた人とかに送りたくなったり、
よくするので、
まあそれはどんなことにでもある、
とも思うけど、やはりある程度気持ちの入った事柄、出来事
の後にしかそうならないのだと思う。
そして、
ぼくらは間違える。
表現を取り違えたり、
あとあと「あれやっぱそうじゃなかったな」
とか
言い過ぎとかいわなすぎもふくめ、
何だか気を使ったりずれたりは
よくあって、
でも重要なのは
訂正はできる
ということなんだと思ってきた。
だからこそ逆に、
ばんばん表出して
ばんばん修正して
という方がいいのだと思えてきたのだ。

だから最近「推敲する」ということに
距離をおこうとしている。
時代の速度、というものがあるとしたら、
おいつかない。推敲してたら。
そもそもなんで推敲するのだろう?
ということにほんとに答えられないと
ちょっと危ないな、と思う。
いやいや、「推敲しない」のに安心してると、
とてもまずいことにもなるかもしれないのだ。
びくびくしているのも、必要だろうか。



・きっと、人間の資質って、
ミュージシャンの資質 表現者の資質とかって、
ほんとに人それぞれその文字通り
だから、課題も、その人その人の大事なことも
みな違っていて
みな、ある意味みな多少すれ違っている。

たとえば僕の『大事』もパンパンの塔の『大事』もちがっていて、
ちがうはずで
その「ちがい」が悲しむものなのか喜べるものなのかわからないけども
<淋しさ>って
「おれの大事が大事だと取り扱われていないとき」
によく発生するものだと思う。
つまり
「あれ?『大事』を共有できてると思ったけど、なんかちがったのかな」
とか思ったら、それは淋しいだろう。

曲を書く人間として
まめさんの『大事』が完全に理解できるわけはないが
俺の『大事』とまめさんの『大事』にいくらかの距離があることはなんとなく感じた。

資質。それぞれの『大事』がちがうということは、
それぞれの生まれや育ちが違うということで、
どういう親のもとに
どういうふうに生まれ
どういうふうに育てられ
誰とどういうふうに出会い
なにをどう考えなにを思い
どこにいてどういう時代のなかにいて
なにを見てきてなにの近くにいたか

人間全てそれぞれちがう。
すべての人それぞれでちがう。
おんなじ人なんていないのだ。
そうやって、みんな
自分で選んだわけじゃなくても、
なにかを背負って、
自分の荷物を背負って、
結果的にできている自分の道を
生きている。
どうしようもないことも、
どうしてもやりたかったことも
そこには含まれていて、
「責任」ということがありうるならば
自分の荷物を背負って自分の道を生きることが
「責任」だ、と
僕の好きな人は言っていた。


結局いま僕はまめさんを媒介にして、
きっと自己問答をしている。
なにが言いたかったかというと
おなじ曲を書き歌をうたう人間として
まめさんはまめさんの資質をつきつめて
『大事』をつきつめて
というかつきとめて
やっていってほしいしそれが見たいなもっと、
という願望です。
もし時間があれば28日言いたかったけれど言えなかったことに、
「売れる」とか「売れない」とか
「食える」とか「食えない」とかがプロかプロじゃないかの基準じゃなくて
本気でやってるかやってないか
自分の生涯をどれくらい削ったか
がプロということだ
みたいな
ことがあって、
それを書いておきたかったです。
ということで
プロ
でいましょうなりましょう僕もがんばります。
スポンサーサイト

2014/04/30

28日はパンパンの塔レコ発企画。
きのう書こうと思っていたけど、忙しくてだめでした。
いや少し書いたんだけど、よくわからなかった。たぶん寝不足だった。
ほとんど意味不明の比喩だったり、書いちゃいけなそうなこと書いたり。
それとライブのあとというのは、気持ちやらがうまく落ち着かないというか、
かるい躁状態というか、うかれてる面と止まっちゃってる面もあり、
みたいな感じで、うまく整理がつかないのだと思う。

いまは水曜の朝なのでなんか平気で書ける気がする。

パンパンの塔は、やっぱりかっこよかった。
そして早口の限界を超えた歌唱みたいなの、
あれはなんなのか。
びっくりした。プログレッシブ早口歌唱。じじじじ。

トップだったのでずっと後が見れて、
ベースメントバーの音のかんじにすこし独特さを感じたが、
しっかりとライブみた。
ずっと立ってると疲れてくる。
でも、リズムに乗ったり、体動かしたほうが疲れないと知った。
そうですらしいよ。



・こうやって対バンのことを書く、みたいなブログっていうの、
自分に近いバンドマンがよく書いてたりしてて、
でも対バンのこと書くのって難しいよね。
リスキーだよね。と思う。
「日記」を書くにしたって、
ブログである以上は公になるので、
書けないこととか書かないほうがいいことも出てくる。
だからこそみんなリスクを回避してなんも書かなくなったりもする。
リスクを回避してなんか書くのはめんどくさい。
あるいは「リスクなんて関係ねえ」といってなんでも書く、
というのも怠惰の変わりミノだったりするかもしれない。

なんにしても、いま俺はこれ書いてるけども、
近しいバンドマンでブログを書く人が減った。
あんなに頻繁に書いてたやつが、みたいな。
Twitterに流れたというか。
という情況で俺はブログをもっとやろー
なんかもっとやりなおそー
みたいなのやってる。

自己分析
昔に、そうやって近しいバンドマンに対して、
「あーいいなーこいつがんばってんなー生きてんなーおもしろいなー」
って思いながらそいつのブログ読んでたりして、
そういう嫉妬とか羨望が眠ってた。
ので、いまこうしてそれを昇華しようとしてるのだっ。




・ずぶぬれシアターも、ヘルマンも
おもしろがって見ることができた。
でも自分のライブのことを書いてみようと思う。
反省にもなるだろうし。


オープニングアクト、ということで25分の持ち時間だった。
結果、28分ぐらいやってしまった。
こういう、押し時間はよくない。
曲を決めるときに、3曲じゃさびしいな、と思ってしまって、
3曲プラス1曲のショートバージョン、みたいにやった。

星とおでん
天使
エンヤコラブルース(ショート)
震災の後で

震災の後で、は、
以前に書いたカタチから、
改変を加えようとしていて、
でも改変自体があまり進行していないので、
最近歌うたびに少し内容がちがっている。

んー
とにかく「言葉に重心をのせなきゃだめだ」
と思って、伝わらないのはだめなんだ、
と思って、そういうふうに歌おうとしたんだけど、
どうだったのだろうか。
ビデオや録音を聴けばいいのだろうがまだ聞いていない。
それともタモリのように無反省のほうがいいのか、
とも思うけどたぶん見かえした方がいい。
ためになるのはわかっているし、
それが現実だからだ。
そうしてへこんだところから、
新たなる第一歩を踏み出さなきゃいけないっ。

nnn

2014/04/28

kowaina

 

きゃくよべないということ。

かんがえるもーど かくモードにもなれないしなあ。

 

今日のMCのメモ
・震災、詞の書き方が違うけれど、震災と釣り合おうと思った。
考えてみると、自分のこと、自己利益でしか考えられない自分がいるわけで。
でも、そんな「自分」が自分であっても、それでも誰かと幸せを想像できる、
そんな希望が結論だった。

音楽は宗教、自己表現が救済。
そんな方向に僕は思う人間で、
貧しい人間で、
でもそれを隠したり否定せず、
自分に許そう、認めよう、と最近思っている。 

 

 

・プロとはなにか。
彼のやっている事が、彼の生涯をどれだけ削っているか。
本気でやっているかやっていないか。
彼の創造物が、彼の生涯とつりあっているかいないか。

・とすると、僕の先輩、よくお世話になった先輩のことだけれど、
彼の歌は少し足りないんじゃないかと思う。
その基準でいうとだ。
じゃあ僕はどうか?ということが問われるわけだけれど。
最近は軒並み負けている。

自分の生涯の重み、理解、 実感の変化。
変わっていく生活実感のなかで、歌われるべき歌は。
なんだか素朴に書いてきたのだなぁと思った。

 

・「ストイック」という 言葉の基準もそこらへんだろうか。

 

 

 

・「路上」やろう、路上ライブやったほうがいいよ、と
言われたり思ったり。

だけど、すれちがう。
そこでは。

つまり自分は僕は、ひきこもりなんだね。
ひきこもりの人の一番ちからを出せる現場は、ひきこもってる当の部屋の中なんだ。 

でもちょっとそれもちがう。
じつは僕はひきこもりではなくニートだったのだ。

というわけで部屋よりもノマド、ガストスタバユニモ、みたいなところに落ち着く。
いろんな曲がファミレス等で書かれてきた。
だからそこらへんまで拡大されたひきこもり圏なんだ。
だから対人関係もきっとたぶんそうだね。

 

ああでもなんでぼくはこう みんながたのしいかおをしているときに
おんなじたのしいかおができないのだろう

ああ あいつもあんなところでおんなのことたのしそうにしゃべっているし
もうぼくはなさけなくってきえたい 

2014/04/27 その2

・仕事おわりいま。
あしたライブ。
こわいねーライブって。
率直なところ 。
こえのどかぜへたうまあれそれ
ふろはいりたいふけひどいあれそれ

どうでもいいことばっかりがおおすぎる、だけど

 

 

・こんなになぁ

2014/04/27

・リハリハリハリハ、練習。練習、、、というか、喉をつぶしてるだけなんじゃないか、というかんじもする、が、うたう。心をいれるとか魂とか、というか歌詞をよく感じて、ということがぜんぜんできてなかった。ちがうところを気にしていた。発声とか、なまじ習ったりしたから余計に。でも表現は難しい。ほんとうに。こちらの思い通りにはいかないらしい。身体が制限をつける。ブレーキする。いたい。のどが。たぶんだめなんだろう。

どうすればもっと伝わるのか、以前の問題で、なにを伝えようとしてるのか。なにか伝えるものがあるのか。ただ歌ってるだけなのか。上手く歌えればそれでいいのか。そうじゃないのか。
だんだんだんだん
「これだ」といえる感じるものをつかまえていきたい。だけど、するするりとしているし、間が空くと忘れるし、いろいろやろうとしていると、歌のことが断続的になって、すっと成長できていけない。

成長、ということがわからないか。

 

・いま考えてることを書く。
いま感じてることを書く。
けっきょくそれしか書けない言えない。

そんなにいつもたくさんのことを考えてるわけじゃない。
頭のなかを支配しているのは2,3のことがらだけだ。
それを避けていたらなにも出せない。

「いいもの」だから出すのではなく、それしか出せないよ、というもの。
いいこと、いいもの、感動させよう、うけようもてよう。

誰かに感謝しているきもち。
いいひとの文章。

いいひと、と思われたい文章。

 

・気持ちや思考を、感謝の念とか、もっと人間らしい感情の方に向けよう、というキモチにもなったりする。
そしてそれを書いてみようと。
でも、人工的になってしまったらどうなんだ。
でもおもえば人工的な曲しか書いてないのかもしれない。

つくることは人工的なものだと当たり前に思ってたが。
そう感じていたが。
そうじゃないもの、そうじゃないほうが良いもの、
があるのかなぁ。 

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。