2014/06/27

・企画終わって、ボラボラ。
へんっ、へんっ、と心が言っている。
とりあえず、意味が不明瞭だったり、
よくわからなかったり、
変だったり、アホだったりする気持ち、
その表現の回路を取り戻しておきたいので、
うこここここ。

・あれだね、企画っていうのに向けて、
どんどんシリアスになってって、余裕なんてなく、
というので、いろいろアレでした。

・「集中」したものが過ぎて、
「解放」や「散漫」や「怠惰」がやってくる。
そういうサイクルが。

そこで、いまここで、手にしたいものは、
たとえばGWに観たマームとジプシーの朗読劇だったり、
ああいう感覚。
そういえば、あれからいろいろググって、
飴屋法水さんとか、現代演劇とか、
なにかと興味をもてそうだった。

・「興味」や「視野」を広げます、
という体勢で。
それはかなり「軽い」「チャラい」体勢だが、
おいしい体勢でもある。

・そういえばそういえば、ここ最近、なんか映画が観たいと思ってた。
思って観ないで過ごしてた。
ところで、なんの映画を観ればいいのかわからない。
映画というものはなんだろうか。
人工の極致みたいなものだが、
観ながら感情移入して。
だけど、そういう「感情移入する自分」
というものの中へ行きたいのかもしれない。
だとしたら、そういうものの中へ行きたがってる自分を
否定することはやぶさかだろう。
やぶさか、という言葉の意味はよく知らないが。

・そういった具合に、GTD、「やりたかったこと」頻出、
どうしよう、という事態にもなる。
で、具体的にどうしよう。
旅がしたい。
むしろ中田英寿に影響されての旅だ。
いろんな記憶が、入れ違いに想起されてもくるのだ。
オシム、イビチャ、年配の男性の顔は、思想者を呼び起こす。
レヴィナス、吉本隆明、マルクス。

・「お前は遊んでるだけだ」と言われた、という事態を想定して、
でもぜんぜんそんな事態に遭遇しないのに、
一生懸命回答を考案しようとするのはどれくらい馬鹿げてるのか。
でも、そうやって一人で考えようとする姿勢自体を否定することはできない。
人間性、および人類がたどってきた歴史を顧みればわかるはずだ。

かなり、チャラい。
決定的に、チャラいことが、どうしようもないという実感を呼び起こすはずなのに、
それもない。
とすると、どうか。あきらめるべきか。

 

 

・もっと真面目に、なんなくちゃいけない。
だけど、真面目だけにも、飽きてしまう、
いや、変化がほしくなる。

いま、なすべきことはなんだろう。
なんですか??

ほんとうは、すべての期待とは裏腹に、
もうすっかり雲のシールドが、夜空を、
覆い尽くすことを完成させようとしてるのかもしれない。
でももしそうだとしても、
そういう事態に気づけないし、
また、気づけないことが幸福の条件かもしれなかった。
だとしたら「現実に踊る」ということは、
青年の理想を忘却した場所のみがなりうる舞台だ。

ゲームかもしれない。
したらば、プレーヤーだ。俺は。
ゲームにはルールがある。
ルールに落ちれば失格だろう。
要領よくやってれば、確かに成功するかもしれない。
しかし、ルールというものがルールとしてあることに、
その理由がなんだということに、
どうやって回答せんとする生き物に生まれて死ぬの??
人間は、人間だから人間だ。
すべての人間の歴史が教えるものがある。
同時に、誰も教えられない未来がある。
いまという時間は、常にそのはざまで要求を出す権利をもつ。
その「いま」に立ち、息をしているのは僕や君やみんなだ。


・恐れてはならない。
だからプラクティスを惜しむな。
プラクティスのリスクを払え。
積極的に払うこと。
ある局面においては鈍感になること。

身から出た糞 - 後想

・企画が終わった。
振り返ってみます。

 

////////////

 

・朝。起きて、すぐ練習して、備えた。
アフタービートを意識すること。

・エレクトリックの扱い方。


・車で下北へ。
けーた同乗。


・ラグーナでリハ。
山下合流。
バンド。シャッフルを合わしたい。
ソロ。良いか悪いかわからんかった。
JIMIも合流。


・狐火さん、アサダさんと、順々にリハ。
ラグーナは、ちょっと前からスピーカーが変わった。
それが良い効果。

・オープンの時間まで、あわあわしながら準備に追われる。
オープン。してもまだ準備することあり。
かなり慌てる。落ち着かない。
ファミリーマートにSDカードが置いてなかった。

 

・ーーーライブスタートーーー


・沼田バンド。
3曲だけを集中して。山下がなにやら妙な?ラップを披露。
トップバッターで、空気をほぐすべきだったが、
自分に余裕なし。
ブルースを精一杯演奏。
お客さんも、まだ硬い空気の中、
反応を気にしてしまった。
ただ、山下とけーたはがんばってくれた。
本番でのびのび音を出してたと思う。


・アサダマオさん。
まず、MCで和ませてくれて助かった。
曲は独自の道を、手を使って、足を使って、頭を使って行ったもの。
だから新鮮さにあふれていた。
この人を呼んでよかったと実感。
とばしてるなー。


・狐火さん
ミスワンカップさんがDJに入り、スタート。
いきなり曲ではなくMCで入る。
このあたりからもうバンドマン界隈とは違う文化。
いや、それは狐火さんの強烈なパーソナリティだ。
かなりぶっとばしてる。

 

・ーーーいったん小休憩ーーー。

 

・アサダマオさん。
「沼田はシャレが通じひん」
と、衝撃の言葉。
この日一番の笑いが起きた。
関西出身だとかでなく、この人は、おもしろい。
「弾んでる人」って、こういう人を言うのだね。
言葉と言葉、散文から切り替わるメロディが、
雲間からの陽光のごとく映える。
共感。
文学と音楽と、両方好きで、話が合う数少ない人。
それゆえの苦労もある。
いつでも人肌、いや人間の手触り。
好ましい人。
その歌の行く先に、いつでもまだ未知数の可能性があると思う。
絶対また呑みたい。


・狐火さん。
狐火さんは、普段話すととても腰が低い。
でも実はいろんなことをわかっている人だ。
いや、たぶん、何度も挫折に近い経験をして、
その都度考えて考えてこういうスタイルを完成させたのだと思う。
何が言いたいかというと、「強い」のだ。
これは「弱さの強さ」というやつで、
弱い自分と向き合うタフネスなんだ。
そして、それは「勇気」そのものでもある。
かなり熱くなる。
聞いてるこっちも熱くなる。
苦しくもなる。
感動がある。
それができるのは、ものすごい「表現の力」だと思う。
自問自答が、勇気に変わる瞬間がそこにあった。


・沼田謙二朗。
もう、かなりお腹はふくれていた。
予想した以上に、濃ゆい時間を過ごした。
それでも、自分の時間を意外と静かな心持ちではじめられた。

歌いはじめて、歌い終わる。

 

・当初は、ラグーナとの共同企画としてはじまったのだが、
その後僕の希望で単独企画にしてもらった。
「誰を呼ぶか」でかなり悩んだけれど、
ダメ元で声をかけた二組が了解してくれて、
フタを開けてみれば狙い以上、予想以上の
とても濃厚でいて、かつ温かい空間になった。


ともすれば何もかもフローしていく状況のなかで、
表現していくことを、どう根拠づけるか。

たとえば、Twitter。たとえば、検索ヒット数。
「名前」がどれだけ流通してるか、その「量」によって 
その人の、その表現の、「価値」というのが定められていく。
誰もいない空間で、気持ちを込めて歌っても、
自分の人生を削って歌を書いても、
ほとんど無意味かもしれない。

でも、いちばんはじまりのものを、見つめなおして、
いつでもそこに立ち還れる原点を、
いつでもそこからスタートできるゼロを、
最も強い握力で握らなきゃいけない。

1でもなく、100でもなく
1万でもなく、
「0」が一番だいじなんだ。

この日のみんなには「0」があったと思う。
そういうことがわかる日にしたかった。

一番はじめの、「歌いたかった」場所。
ゼロが、イチになり、表現になり、
誰かに「届く」手紙のようなものになった。

身から出た糞が、土壌に還って、新たな命の素になる。
その過程に、勇気や、希望がある。 
歌を歌っていくことは、悪いことじゃない。

 

来てくれたみなさん。
アサダさん。狐火さん。DJのミスワンカップさん。
ラグーナのみなさん。 
ほんとうに、どうもありがとうございました。 

 

企画がちかいです。

白線を踏み進み

六歩前進、四歩後退

ぐらいの速度で進みます

 

常に前進は無理だと悟うた

 

ぬ。

2014/06/06

・雨ざ~ざ~。


・吉本隆明さんの講演音源が、
フリーアーカイブ化、だそうである。
前から話はあったけど、
ほんとうにやるんだね。
うれしいはなし。

 

・梅雨だと。
さいきん雨があまりふらないな、と思ってたけど、
梅雨きた、と。

そうだ、梅雨は毎年くるのだ、と。

 

・タオルを頭にかぶって出陣。

 

・ぬれた衣服べたついてちょっと冷たいきもちわるい。

 

・スチャダラパーをきく、チェックする。

「おもしろいことをしようとする」
バンド、集団。
仲間、男友だちとの、気持ちを合わせる空間。時間。

 

・んー
息を吸う。息を吐く。
ハミングで音程を追ってみる。
なんでもない言葉の羅列を、
でもそれはなんでもなくはなく、練り上げた言葉の羅列なので、
思い入れも含んで朗々とうたいあげる。

息を吸う。

雨の音にまじった音楽のおとを、
ミックスされたままきいている。
打ち込みの繰り返されるビートのリズムと、
不定形な雨音の、
出どころ位置のことなる音の同居。
わい。

雨はひとりでに降るので、
音楽が歌いかけようとしても。
道の上を走る車の音が、
雨を巻き込んでいることが伝わってくるので、
それも不定期のリズムの内にいれよう。
iTunesは
短くきりとった、試聴用の音源を流すので、
BPMがつぎつぎ切り替わるのですが。

雨に濡れた衣服。
6月、陽は長く、まだ明るい外と、
実時間の差、雨、くもりがちの空模様。
蛍光灯の灯りの下。

音楽が止まると、
雨音も弱まった。
曲が切り替わるあいだの、
無音、trのアタマ、数字が変わり。

2014/06/05

 ・26:08

このところ、ブログがうまく書けない。
というより、更新できてない。

単純に手帳の方に手書きで書いていて
こちらに向かえていないからだが、
なんとなしになにかと内向きになっていて、
そういう時期が来ると外側に表現すること(このブログも一応そう)
が怖くなるというか、遠くなる。


「これはやんなきゃな」ということがクリアできてないと
極端に口が閉じてしまう性向である、というのもある。 

 

 

でも、その間に感じていたこともあるので、
6月2日に、いったんブログとして書いてあげそこねたものをあげておきます。 

と思ったけど、やっぱやめる。
なんだかちがう感じ。
いまのコトバじゃないと、どうもいけない。 
なんだか埋めるようで、それはよくない感じ。

また、口を開く、開けるようにしないといけないので、
折をみて会々。 

LINK