家長シンジ解決どれだ?

 ・評論家・宇野常寛氏が語る『シン・ゴジラ』-この映画は99%の絶望と、1%の愛でできている – 木曜日のシネマ 
http://thursday.jp/archives/596

 

これはいい。そうか、「拡張現実の時代」か。しっくりきた。こういうしっくりは稀有。

シン・ゴジラ、僕も観たけれど、たしかにこれは「家長」の映画になっている。
エヴァのシンジくんみたいのは、いなくなってるのだね。 
「極限状態において家長たるには」
の映画なんだ。

「自分が主体となって問題を解決する」
ということが家長。
とすると、シンプルな答えがここにある。

8月15日に東浩紀、猪瀬直樹、津田大介でシン・ゴジラをテーマに含んだニコ生やるみたいだけど、
猪瀬の言葉で言えば、放蕩息子とは極限状態においてもクヨクヨしてる奴だ。
そんでそんな、クヨクヨしちゃうシンジくんに、シンジくんの純粋クヨクヨ原理に、
我々は共感をもってまなざした。

だけど、そんな「エヴァな時代」からいまは
「クヨクヨしたってどうしようもない」
ということが、苛立ちを伴って想起される時代へと変わった。
「おまえのクヨクヨとかどうでもいいから結果にしろ」
という結果主義のほうが優勢になってきた。 

 

・そんなこといろいろ考えながら、自分の辿る道すじについて思うわけだけど、
「震災の後」という曲はやはり「シンジくん」だった。
あのときは、とにかく最低限でも、「自分の主観」で感じたことを出したかったわけだ。
被災者であるとか、被災者でないとか、そういう区分けによって語る資格があるとかないではなく、
誰にだって自分が体験した主観的現実が存在するのは自明のことである。
だからあのときに感じた自分固有の(それがいかに凡庸に映ろうと他者と似通っていようともちろんそれは本質的問題でない)
内的体験、見た風景を刻印するのは意味があるとおもった。
そして、なぜだかそういう表現はなかなか(世に)少ないのだ。
いつでも、どうもみんな、自分を除外し、そのことに無自覚というか、
まあいわゆる<主語>がないのだ。(注:ネットに転がる言葉を主に想定してます)
いや「正しい」ことを言おうとしていたらそうなるかもしれない。
でも、間違えるのは当然なのだ。人間は。
その間違えながら、それで生きていくのだが、間違いにぶつからないと修正もできない。
間違えてないふりをしても、間違えてないわけがないのである。

 

・ 「できることをしよう」も、家長足らんとする言葉のはず。
つまり、責任をもつということですね。
それ、責任をもてることなの?ということ。 
だったら過剰にデカイことはできないわけで。
そして別に、いくら小さくても気持ちいいことはできるのだから。 

 

・そこらへんの認識から、新しい歌の方向性が見つけられそうな気がした。
一曲ずっとつくってて放置してた曲があり、まあ半出来のままライブでも何回かやったのだけれど、
SEALDsの歌で、オチ、というか結論が見つけられずに詰まってた。
 
さて、「SEALDs」というものは、その対象に対してどう言い動くかによって、
その人の人格思想が判断されるようなものとなっていた。
分水嶺。リベラルなのか保守なのか、リアリストなのか、、、など。
議論のネタとなって、対話の左右が極論化し、SEALDsという名前を前にした論争のための論争がどんどん広がっていった。
いろんなことがしっくりしない。
過剰な否定も過剰な肯定もおかしい。
このおかしさは、なんだろう。俺が主体的に放たれた意識ぶった言葉ばかり読んでるからか?
言葉をバランスよく組み立てるのは、きっととてもむずかしい。
だから最初からそれをあきらめれば、ラクはラクだ。(俺もそうしてるのだね)

言葉というのは、こうやって書きつければ、その記号が表にでるけども、書きつけない言葉は表に出ない。
でも表に出ないけども感じてることはたくさんある。
思ってることはたくさんある。
だけどみんな、「表に出てること」でしかコミュニケーションできないので、対話はいつも不完全で危うくて不可能で大変だ。
だけどそれやんないとどうしようもないのだ。

いろんなことが「上手くなんないと」いけないんだろう。 

2016/08/04

名称未設定 1

・日々断片的に考えているようで、それは考えてると違うかもしれない。思いついているだけで、その都度、ただ流れてるだけで、ただ流れてるという事実があるだけで、でもそれでもいいかもしんない。

 

http://www.cinra.net/movie

小さな物語をたくさん見せられるよりも、フルメンバーで共有できる大きな物語に対してなにかしたいのだと、僕はたぶんおもっている。
 

http://www.cinra.net/interview/201602-tokyomusicodyssey

 「震災以降くらいから流れが変わってきた」みたいな話が、個人的に共感するツボで、つまりそういう実感があるということだけれど、うーん、忸怩たる思い、のようなものあり。

なにかと重ねてみてしまう。時代背景、空気と、その人の表現の移り変わり。
その人の決心。その人の成長、選択。

「メジャー」な存在になっていく手前の段階のほうが、僕は好きだったな、という人もいる。
最果タヒさんと大森靖子さんは、僕にとってはそうだ。
あるいは受け手の側、僕の方の資質とか問題がそう感じさせる所以かもしれない。
ふたりともほぼ同い年なだけに、気になる。

最果さんの処女詩集はとても好きだった。よく、持ち歩いていた。
大森さんは、すごいとおもった。とてもかなわないとおもった。

「昔のほうがよかった」と他にいってしまうほど、簡単なことはないので、というか、それは、なら自分にもいえる話なので、そんな考え方ばっかしてても仕方ないのだ。
ということはわかるけども、ではなにが、なにがちょっとちがっちゃった、ちょっと、とにかくちょっとちがうんだ、みたいに感じてしまうのか。それを明らかにすることがたいせつなはずだ。

言葉にするのはなかなか難しいけどね。
原初的なラディカルさ、が宿っている方がいい、とかおもう。
というか、なんというか、「たくさんの人と相談して(無意識的に?)表現なされてる」ような感じがすると、弱く感じてしまうのかもしれない。
だから<メジャー>に対して僕は先入見もってるかもしれない。
 
いまは、「全体主義」とか、「保守化」とか、かんたんに言われてしまう。
もちろん言えることを言わない。
という態度なんだ。

いま書いていることは、僕がもっているたくさんのこととつながることだ。
僕が継続してもってきた問題意識と。

というか結局個人はなにを求めてるのか?
個人て、僕は。
何か、そうやって、瞬間瞬間求めてるものの総体が、最終的な彼岸のイメージになってくるのかもしれない。
それが<宗教的な領域> だとすれば、どう考えても<宗教的な領域>が重要なのだ。

無意識的な宗教性。
これがどれだけ豊富にあるか。
それを<僕>は見てるのかもしれない。無意識で。

 

2 

・キレイ キタナイ 

・進化論。適者生存。その理屈(深くは知らんが)で考えていくと、どうも数が多い方に行ったほうが正しいんじゃないか、とおもう。
生き残るためには。
でも、人間には逆に、人のいないところに行く、みたいなのもモチベーションになるときがある。
それはなんだろう。
その方が生き残れんのか。わからない。

・おもおものはからい

・市場を僕は信じてない、ということかしら。
たぶんそうだろう。
なんというか、現状肯定を感じるとそうなる。
いや偉そうに語るほどのものはなにももたないが。
いや、語るときに、何かを持っている必要はない、ともいえるが。 

 http://realsound.jp/movie/2016/05/post-1637.html

宮台真司さんはこの文章で、森達也監督のことを「未熟児」と称する。

《森達也はこの言語システムの作動クロックに同期できず、いつも反応が遅れる未熟児だ。だから社会批判の能動性より、社会という夢にシンクロできない受動性が際立つ》

 森達也監督の作品を僕が好きなのは、その<遅れ>が、僕にはシンクロするからなのだろう、といえる。
大森さんと最果さんのツイッターとかブログとか、折りにふれ読んでいたけれど、やはり、<遅れ>というより<速さ>であり、つまり社会と同期しようと努力した結果がいまの彼女たちの活躍なんじゃないかとおもえた。
なんだかそれは当たり前のことにおもえる。
僕もやけになる。

 

・「誰にどう言われようとどうでもいいんです」
と言いたい。だけど言えない。でもまあ、それでもいいんだ。どっちでも。

<遅さ>を取り戻していただきたい。誰に?
僕にとっては、<やさしさ>の本質的意味がそこにあるように感じる。
・・・などということをどこまで根拠づけて言えるか? 

 

・<遅さ>はダイナミクスだ。

 

・社会に同期する。社会の代弁者。
それは「執行人」のような。
先日のめちゃいけの空気感も、好きではなかった。たまたま観たのだけれど。

 

・市場を信頼してない。
イコール、社会を信頼してない、ということだろうか。
イコール、他人を信頼してない。 

 

2016/08/02 まことちゃん

6

 

・デイ・キャッチの神保さんの話 https://radiocloud.jp/archive/dc/?content_id=10252

・「相模原の刺殺事件で、米フォーブス誌に『なぜもっと怒らないのか』との寄稿文」「ニュースクリップ:アメリカ」北丸雄二 https://radiocloud.jp/archive/dc/?content_id=10295

・荻上チキが語る「再犯者を生まないために必要な支援とは~あるシンポジウムの出席者の話」 https://radiocloud.jp/archive/ss954/?content_id=10300

・ニコ生 東浩紀 津田大介 夏野剛 ひろゆき 猪瀬直樹 https://www.youtube.com/watch?v=uD2L8N9AR7k

 7

8

 

・猪瀬さんの話を聞いていると、「父性っていうのはこういうもんかー」とおもい、斬新に新鮮なおもい。
 思うんですが、どうもいいことを(私は)言いそうで、というか、口を開くということは、体裁が出てきて、

なんかまとまらん、こないだから、いやこないだというか、もうずうっと、ずっと、まとめたいし、きちんとしたいけれど、
してもそれは小さくしょぼくなるだけで、もう、なんならこのままで、という諦めで、あとあと後悔するというような。。

自分は自分にしかなれないだろう。

 

・ 頭が混乱する。かなり整理ついてないけれど、整理しても結果的にまたすぐちらかるしな。いやちらけてるのか。
わからないけども、望むべき結果というものも、なんだかよくわからないけども、個人的に主観で「おもしろい」と思えるものなら、つくれそうな気分にはなんとかなれそうだ。ということはいえる。

主観では、なんとか。そしてそれは主観であって、それでもって外の世界、社会的にどうかとか、社会を変えるとか、には向かっていかないだろうか。向かっていかない。というより、叶っていかないだろう。

自分がなにやってるか俺にもわからない部分がある。

9

・まことちゃんの話をしなくてはいけない。まことちゃんは、小学校のころ、「あすなろ学級」という特別学級にいた男の子だ。
彼が、ダウン症なのか自閉症なのかも、いまでも、なんの知識もないのだが、そしていまはどこでどうして暮らしてるかも、全く知らないのだが、
あの頃まことちゃんは、給食の時間になると僕たちの教室に来ていっしょにご飯を食べた。
小学校では、班、という単位に分かれて、ご飯をグループで食べていた。
まことちゃんもどこかの班に混ざって給食を食べていたとおもう。

だから、まことちゃんのことはよく知らない。 

いま、記憶でなんとなくつなげて書いているだけだから、半分捏造かもしれないしきっとそうだろうが、
まことちゃんの世話を積極的にしていた女の子がいて、その子は結局高校まで僕といっしょの学校だったけれど、
なんとなく、その子は、周りから、、、疎まれていたような気がする。

それを書いて、なにが言いたかったか。

まことちゃんのことでよく覚えていることは、彼が鼻くそを食べてしまうので、
いつもみんなはまことちゃんに対して基本不干渉なのだけれど、そのときは笑った。
ただ別にそれはもちろん朗らかなもの、というより、彼自身と笑いを共有できないので、
嘲っているような格好に、必然的にならざるをえなかった。

いま思い返すと、なぜ、ああいった学級があり、彼がいったいどういう障害であり、などといった知識や説明を、全く受けた記憶がない。
もっとも、記憶がないだけで、誰かが説明していたのかもしれない。先生が。
そのころ、僕は、なにも考えていなかった。なにも、なにひとつ、意識していなかった。 

まことちゃんは、「まこと」という名前だった。
でもそれも、違っているかもしれない。 
でもやはりそうだった、という気がする。
まつげが長くて、背は低めで、いつも、笑った表情をしていた。 

 

当時、まことちゃんに対して、どうしたらいいかとか、なんというか、どう接したらいいかわからなかった。
彼は異質で、普通のコミュニケーションで接しても、どうにもならないので、
要するに、どうもせず、ただなんとなく、あまり関わらないでいただけだった。
関わっても、関わらなくても、まことちゃんは笑っていた。

そしてそれで、なにか問題が生じたこともなかった。
中学校になるとまことちゃんはいなくて、その後、彼のことは、知らない。

 

  

・今回の、相模原の事件が起きて、知的障害者との関わりというのは、自分の体験ではどうだったか、ということを思い返して、
思い当たったのがまことちゃんのことだった。
今回のことがなければ、思い出すこともなかったかもしれない。
 

具体的に近くにいる、というだけで、それは最低限「共に生きている」ということになるだろうが、
具体的に隔離された場所にいるのなら、この社会において「共に生きている」と、自信をもって、言えるか。
僕は無知だが、無知なりに、無知の地点から考えてもみる。勝手に考える。勝手に、ああ、とか、うう、とか、感想してみる。
そういうふうにしてこういう事件を「受け」る。こうして書くことで、せめて受け身を着地できればそれでいい。 

「それでいい」なんていうのは安易な言葉だ。
どこにも着地しないでいい。



・ 同窓会に、彼は呼ばれないのだろうか。誰も、彼へ連絡する手段はないのか。
そんな書き方は、とても意地悪だとおもう。そうしたほうがいいと思うなら、自分がそうしたらいいからだ。
 
とにかく、いま考えてること、感じてることは、、、、
犠牲者が匿名で、そのことのなかにある、溝のかんじは、もちろん大いに問題をかんじる。 
ただそれは、テクニカルな問題の面もあれば、 逆に<僕たち>の問題もあって、、、
その、<僕たち>の問題を、まず<僕>として、いやちがう、
それはまず<僕>の問題として、ひとりひとりの問題として、立ち現れるもの、とおもいたかった。

10 

きょうのおもい

きょうのおもい

名称未設定 1

2

3

4

 

5

 

暗い夜や暗いくらいくらいくらい街や暗い自分があって
なんていうんだろ
見続けていると
対象が変化するよ 自分が 情報 ただ情報依存症になっていく そこにはなにもない 実体は
実体はなにもないものに自分は支配されてゆく
そしてそれが心地いい 抜けられない 決して
情報に依存 そして情報を出して 出す側になって 支配する側に移行したいと
思うのも自然だ あたらしい自然が 周囲にあるのだから それに合わせるのは当然だ
自分のなかの弱みや傷ものの記憶を 慰められうる情報を 感情を出したい

自然は万年つづいて 見えないところで勝手につづいている
人間の自然はいつでも実験やってる 強いものが整備して ようやくそこに乗っかって
人間は人間にやさしく 人間は人間という概念を拡張するはずだ
言葉しゃべれないものが 言葉をもつように
沈黙こそが 言葉の本質であり それが平等性を担保しているから

「人間にとってやさしい」ものを出力していよう それが原則なら それでいい
あまり悩まないで 悩みすぎて なにもできなくなっているから
人間にとっての 人間へのおそれ 批判 口撃 拒否 否定 に
巡りあわなければいいが それらは包括して
沈黙のうちへ 潜りこませてしかるべきものだ
包括して 概念へ凝縮して