スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/05/05 GWその3

・書きすぎ、
つねに書く、 ことと、
ずっと沈黙してることは、共通がある。

書くことによって自己逃避する、
ということが当たり前になってしまっている。
が、それを批判的に見るか見ないかは、
認識の如何によって自由だ。

 

 

・自分の身の回りの人の動き、
暴露。

 

 

 

・ほんとうに集中力をもって、なにかを言うということ。
自己満足、
という自分ツッコミを超えて、
超えて、ということがありうるならば、
それは「夢中になる」という状態のことか。

 

 

・ 書くこと。考えるべきこと。企画しろよ。自分いまどういう状態?にげんな。やれよ。なんか書いておきたい。じゃ、なにを?

本を読みながら、浮かんでくること
があるとしたらそれに助力をもらって考えたこと。
なんか一気に越えて課題づいたもの。

還相、
還りの眼、

くっそう

ああしたいこうしたい。
いやほんとうはこうしたかった、
のにできなかったことがら。


ーーー吉本隆明講演「親鸞の還相について」を聴くーーー


((大衆の還相の課題。
((凡夫の課題。
((それが知識にとっての還相の課題。
((それ含めないと現在の課題にとどかない。


競争、
つねに向上、
で終わるわけじゃない。
末法の現在では、それちがうと。

それが還相の課題。
あ、往相の課題と
還相の課題を
相対的に考えられないと、だめだ。

きょうより明日いいことができるか、
みたいのは、永遠の課題じゃない?
永遠の課題というのがある。

往相還相

問いを生きる、というのから見ると、どうなるのかな。

「私が特別」
といいたげな女の子の表現は
いったいなにかな、疎外するものがあるとしたら。

そこに俺は疎外されているのかな。

高齢化社会の還相の課題

震災、
のときの考え方や、姿勢のとりかた

「もうすぐ死ぬ」と思っている人

若者の表現、思想
カルチャー

老人のための、老人による
みたいのは、少ないよな


<死>をどうやって超えたらいいか、
が、還相の課題。
老年にとって。
永続的な課題。

往相の課題は、
介護や世話の問題。
治療の問題。医学の問題。
施設、ケア、制度。

両方同時に解決できないと、
真の解決になりえない。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・還相、死からの目線。
リスペクト、まえのひ。
マリヴロンと少女。

若年には若年の典型的な課題があり、
それにぶつかってるんだ。
「有名になりたい」「もっと幸せになりたい」
「お金をかせぎたい」「安定したい」
自分の株を、上げたい上げたい
と 思ってやまない人たちの群れ
のはしっこに 自分が位置している。

<宗教>という媒介項をいれないで、
僕らはなにを信じるものにできるだろう。


「わたしが死んだら すべての人の まえのひ は 終わるかもしれない」

まえのひ
というのになんか訴求力があって、
なんか、そこから考える感じる風景が
ある。

きのうは、
まえのひ、のときに
波しぶきのような音も高く鳴っていた。
恐怖
というものを
思い出した。
いや恐怖というものの想像を
思い出した。

((古い時代のほうが優れて深かったこと。
((信仰があったら、比喩でなく、浄土も天国も、ほんとうだと思って言えていたことなど。

 

・吉本さんなりに
「往相」という言い方で考えてみると

((死 という場所から現在を照らしてみると どうなる
((残り時間 どれだけだ
((そうでなく、こっちから明日をみるみかたでなく
((死の方から いまをみると どうなる
((今日が 死に 一歩一歩近づいてゆく
((そういう 死 を視点にした見方と フツウのみかた
((両方いっしょにしたら どうなる


吉本さんなりに
往相で考えてみると
いま、音楽をやっていて おれは
どういうふうになるのだ?
これからどうなんだ?
どういう活動をしていって、なにをヨスガにしますか
ということが気になるし、課題になる。

しかし、還相でもって
死 の目線で 死からいまを考えると
ちがったふうに考えられるはずだ。

その還相と往相 両方もつべきだ。
もてたらいいよね。

吉本さんの講演 そう言ってると思えた。

タバコ。
身体によくない。
それはわかってる。
だけどタバコをやめても
もっとよくないものをやらないとは限らない。
なぜ人間は麻薬を好んだり
身体に悪いと わかっててもやるものがあるのか
未開の時代から現在に至るまで
それなんなのよ
そういう「永遠の課題」が解けないかぎり
タバコ問題を解決することはない。
ただ「身体に悪いからやめよう」
では 解決とはいえないのだ。

そういうことも言っている。
緊急の課題と永遠の課題はちがう、
両方あるんだ。と。
それをいいかえると往相の課題 還相の課題になる


・もう書きたくない し考えたくもない
という状態からつくること
でストレッチははじまる

 

 

 

・「タバコをたしなむ」
ことってなんでやめられないの?

ここらへんを考えること
欲望 を考えること
さいきん 重要だと思われはじめてること

その方向だ
最近の言論の方向は
そっちを明らかにしよう、という方向なんだろうな

コメント

非公開コメント

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。