2014/05/27 その2

・えーと、えーと、
えっと

 

・うーん


・佐藤さんの姿勢を見てて思うこと、
時代性、年齢、
敏感さ、
騙されやすさ、
思い込み
可塑性


・コメント欄、
神保、宮台、東
知識人の役割、
「前衛」、それへの有意識化、
コントラ?


・沼田、という意識


・じゃあ、お前はどんな詩を書くの、という問い。
問いを出して答えること。
これはなんのプラクティスか。


・時代じだい、
きつねびさんのうたいかた、
福島、をめぐる考えや問いや感情の交錯、
観光地化計画、
小林よしのり、
AKB48、


・毒舌、
どこへ「毒」を?
いや毒をだせるのか、という。
毒蛇だから毒が出せる、毒のない蛇。
自分の思ってる軸で。


・イメージで書けない。
イメージはたくさんあるのだが、
それがコトバにおちつく段になると、
痩せる。
減少する。
だから、落ち穂拾い。


・顔をみてると顔が思い出される。
と、そういうとらえかたは心象的だね。
なにかを批評しなけりゃあいけないんだと思うよ。


・そうだ。批評だ。
「うまくいくこと」ばかり考えるだけになっている。
その上の、批評がいなくなっている。

いいか、わるいか。
たしかに儲けてるようだ、
成功してるようだが、
それが、いいか、わるいか、は、
次元を異にした問題として現れる。

逆に、売れてないようだ、
誰も見てないようだ、
という場合にも、
いいか、わるいか、は、
次元の違うところから批評する。

そういう
いい、わるい
が、
足らない。

いままで、戦後約70年かけて培ってきた
いい、わるい
の歴史は、
ここにきて一旦それら全て捨て去る、
という段階を経た。
たぶん。いやほんとにそうだ。
「いま」という時は、
その意味でとても本質的な時代なのだと思っている。
テクノロジーがひっぱてきた
いやおうなしの環境、時代変化
などなどによって、
いままでなんとなく涼とされてきた判断、物事が、
倫理が、
なしくずしに転換、というより無化された。

と、いう風にみえる。
と、いう風に僕は感じます。

あ、やっと主語がでてきた。

そうやって考えると、
震災が出した問いを、
いま現在僕たちは「答え」ていて、
その答えはかなりシニカルなんだろう。

少し前にケーズの田中店長と話したが
いま「ロックで世界を変える」
とか言っているバンドって、全くいない。
そんなこと考えることもなくなっている。
ように思える。
どこかにいるのだろうか。
いやいたとしても、それは時代に通用しうるのだろうか。

別に、「世界を変える」ことが不可能だ、可能だ、
ということでなく、
どんなに小さくてもいいから、
「これが正しい」と心底思えることを実践していくことが大事だと思う。
かなり当たり前のようで、なかなかそう思い続けるのは難しい。
やっと最近そう思うのが自然になってきてはいる。僕は。

そうしてそれは、どうしてもなんだか「小さくまとまって」見えがちで、
それがなんとなく物足りなさになったりするのだけれど、
そこは要するに頑張りどころなのだろう。
ただ、「大きくすること」が無条件にいいことだと思って、
あまり深く考えずにただ「大きく」する、みたいな感じは、
たぶん、微妙なとこだけれど、ちがうのではないか、と思う。

ここらへんはかなり重要なとこで、
いちばん悩みどころだったりするのですよね。
いつもいつもブレがちだけれど、
いい、わるい、を地道に蓄積しながら、
徐々にしっかりとしていきたい。

コメント

非公開コメント

LINK