スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/09/27

2014/09/27
6:34
・書くということ。それってなんだっけ。語尾や、助詞が、こわれるということが、なにか感情の抜け道になる、ということがらを信じること。

 

ごめんねわたしたち。

 


0:54
・昨日は、日付的には26日は、下北沢Lagunaでライブだった。

僕はプチCDRを出した。こっそりひっそり出した。

また、すぐつくりつくり、しなければ。


・未熟さもなんやらも、もう、ため息とかといっしょに身にしみるけども、それでも、なんというか、こう、やることに意味はあると。

とかいう段階を、精神の段階を露呈して、こう、書くことで露呈して、さらにそれは、「歌う」ということに直結すればそれはそれは

あれで。

 

自分のスケールの小ささに、ようやく気づく、ということがある。

 

・なにかを書くって、どんな味だっけか。
これはキーボードで打っているから、右手と左手の、リハビリなんじゃ。

 

 

 

 

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 


・人間と人間を類別して、ジャンル分けして、固めてしまうような物言いに、「それじゃできないことがあるよ」と主張したかった。

「終わってしまいそうな」夕焼けに向け、
ゼウスのごとく太陽を持ち上げたらば??


・日々の生活の中で疲れた時、「音楽」が役に立つのでもなく、むしろ追い打ちをかけるものとして存在していた。

踏切を渡るとき、「非常停止ボタンがちゃんと動作するか」
が気になって、うまく渡れない、ということがあった。

自分で自分が許せない、それは、正しいものでありうるだろうか。

 

 


・今回の、このCDRのテーマは、「生活」「愛」「成熟」。

いったい作品をつくるときになにを頼りに作るのかわからないが、ともかくもよくわからないなりにつくった。

とにかく今の自分の生活っぷりや考えっぷりを自己反省しながら煮詰めていったんだな。

途中、深夜の公園にPCを持ち込んで書いた日もあったが。


こうやって、ライブをし、無事に、こっそりCDRを出したあとも、なにかと大変だ。

次は「まよこ」のライブに向け準備を進める。
その前に10月4日は新松戸だ。

 

 


音楽に言葉を与えようとすると、齟齬が生じるらしい、うまくいえない。


かっこうつけているからだろうか。

かっこう、の、「う」のあたりが特にかっこうつけている。

 

かっこーつけているのは、あまりよろしくない気もする。


僕に備わっているこの「ニセモノ感」はなんだろう?

いったい僕はなんの「ホンモノ」だろうか?

 


とかいう問いを発したら、
次は自分を嘲笑し、
そのまま街にくりだそう


そうして度重なるシカトと気まずさと恥ずかしさと罪悪感のなかで
噂の渦中にいる人たちへの羨望を必死におし隠そう

コメント

非公開コメント

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。