20161025_1338 休日日々

・何を書き、何を歌い。何を問うていますでしょうか。


・昨日ユニモにいくと大塚英志の新刊が出ていたので、手にとってみた。
大塚さんの本は以前から好んで読んでいたけど、近年は少し批評から遠ざかってる印象。
新刊は久しぶりの「批評」の本、というかんじで、かなりおもしろそう。
AIについて書かれている部分が興味深い。

「いまから世界ってどんなふうになってくの?」
というイメージと、それに対する批評意識、
問題意識をなかなかつくりにくくなっている気が最近していた。
大塚さんの本はひとつのとっかかりをつくってくれていた。

買おうかな、と思ったけど手持ちも少ないし、そのまま棚に戻した。


・「pomera」というワープロ的端末をこないだ買ったので、
それで打ち込んで記事を書いている。
PCでもなくノートでもない、やはり集中して書けるし、
自分にとって必要な要素にはまってくれるとおもった。

なかなか、スマホとかに慣れてる身だとファイルの同期などに面倒さを感じるが、
これはこれで、こういうものだとおもって使おう。

今年はなかなかゆっくり思索するモードをもてていないので、
これからまたバランスをつくっていきたい。


・ユニモのサンマルクカフェにいると警報が鳴った。
ちょうど「ショッピングモールでテロで爆発」
みたいな歌を書いてた瞬間だったので、びびる。

けれど「調査の結果なにもありませんでした」とのこと。
火災報知器が誤作動したようだ。


夕方。ココイチで高校時代の担任の先生、によく似た人がいた。
しゃべっている話を聞くと、やはり学校の先生らしき内容が耳に入った。
といっても、別段こちらから「やあどうも、お元気ですか?」
などと話しかけたり、しなかった。

10年以上経つ。その時間分、年をとる。

コメント

非公開コメント

LINK