スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちちの部、祈り。

・フライヤつくんなきゃー
です。

ありったけ3

ほら
ほら

がんばれ。




・明日は秩父。
いきます、やります。

色々かんがえて
何かしらにぶちあたると、瞑想します。

瞑想瞑想
瞑想して迷走。

しかし迷走しないと、できないこともある。

まあ、そんなに都合よく前向きにはいいたくないが。

迷走して発見したりつかんだりするものが、確かにあるでごわす。

まあ、そんなことを言ってどうだということもないが。

「迷走すらも有意義だ」
と最初からわかっているなら、それは迷走とはちがう。

真の迷走とは、もうほんとうに、何がなにやら当人にわからないものである。


ということであるからして。




・ほぼ日の3・11のコーナーを見た。
今日は国会中継で原発のことやってたな。

もう、2月ですか。

地殻変動。
パラダイムシフト。

なんやらかんやらいっておったが、
一年後の姿は、こういう風で、
なんというか、
思い違っている。

思い違った。

いっぱいいっぱい、思い違った。

色んな事を考え思ったはずだったが、
大抵のことは、思い違った。

もう、なにやら、ほんとうに、
忘れすぎである。

忘れすぎ。

もういいや。

忘れすぎ。

この一言につきる。

忘れすぎた。

思いだしてみよう。

少なくとも思いだすことはできる。


いまだに、向かい合えてないんじゃないか。

向かい合わないまま、忘れようとしているのか。

結局答えやカタチにできないまんまで、
一年も過ぎたが、
なんというか、
こんなはずじゃなかった。

浅ましくて、情けない。

正直いって、全然ダメだった。

ただただ恥だけがのこった。

でも、それさえも、誰にも指摘されずに、
ただやりすごしている。



ほんとうのことは、どこかに記録されているのだとしたら、
というか
そういう眼があったとしたなら、
こういう僕や、みんなや
亡くなった方、
こどもたち、
それ以前に生きていた人たち、
全て何もかもがわかる。
そういう眼があったなら、
その眼で視ることができたなら、
何も間違えることはないんじゃないか。
全部がわかって、そうしたら、
いつでも本当のことが言えて、
正しいことができるんじゃないか。


そんなイメージを持った。


そんなところは、実在しない。
でも実在しないものに、祈ったり願ったりすることが人間にはできる。

そういうことが、なくなったなあ。

実在しなくても、それを想像することができたら、
それは世界に「ある」のだ。

だから祈っている。
祈る人は、バカじゃないでしょう。

心理的にどうだこうだの問題じゃない。
「祈ると精神的に良い影響がある」とかじゃない。

そういう世界を想像できるってことが重要なんだ。



と、
明日は秩父。
たぶん、鉄道にのって揺られて長旅。

せせこましいことばっかり、
考えて追われてたくないんだよなあ。

本音。

コメント

非公開コメント

LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。