素材

・ライブライブライブでした。
2日、5日、6日とライブ。

2日は45分やりきった。
5日はお客さんの話し声に苦戦した。
6日はもうちょっと落ち着きたかった。

30分だと時間がすごく短く感じる。
実際、5日と6日は4曲しかやれてない。
(途中の語りみたいなのがあるけど)

こんなにできるのはありがたいことだと思わねば。
されど、こっから弾みたい。


・「震災の後で」の歌詞を書きなおしてライブでやり始めた。
自分をさらすような。

「自分」というものは、
自分では見えない(鏡に映してはじめて見える)ので、
自分の外側にもう一体、
「自分」にできるだけ近づけて同じになるよう精巧に作った
「客体」を設ける必要がある。
実際歌になるのはその「客体」であって、
それがないと自分のことを語ることはできない。

という感じのことを実感している。

私歌。
人間のサンプル。

そんで、どういう未来を見たいのん?
というクイズ。

コメント

非公開コメント

LINK